unchantotaro blog💫心が元気になるといいな🤗

🤗スポーツ栄養学、お仕事の向き合い方、心の向き合い方など楽しく発信してます🤗

生産性を上げるには上質睡眠から良い目覚めへ🤗⤴️①

1日の始まりは良い目覚めからスタートしたいですね。

日本人の平均6時間22分。

日本は調査国の中でも最も短い。

上質な睡眠は仕事の質をあがります。今回のテーマは生産性に影響があるのでは???という視点で心理学観点やフィジカルの色んな視点から見て記事にしたいと思います。

 生産性が上がらない。理由に睡眠時間の短さや休憩時間の短さ(身体を休めていない)のようだ。

 子どもの時のようによく遊び、よく眠る。 

  それが翌日や仕事をしていくことにとても影響があるのだと今になって思う。

 ある研究で、6時間睡眠を2週間続けた人に作業させた。⏩⏩24時間徹夜した人と同じくらいミスの数が多かった。

(ペンシルバニア大研究チーム調べ)

   別の調査で24時間眠っていない人の認知能力は、日本🇯🇵の酒気帯び運転取り締まり基準を大きく超える3倍くらい下がっている。

 そこまで睡眠不足であると翌日の認知能力が下がると⤵️言うことですね。

 

6時間睡眠が日常の人は徹夜した人と同等推移で認知能力が下がります。

エジソン(発明家)も5時間寝られればいい。と言うショートスリーパーであったと言うことは有名なお話。

仕事の合間も細かく仮眠していたようです。後にエジソンの伝記を書いた人が 調べたところ

エジソンの図書室、仕事用執筆室、研究室にベッド🛌や仮眠できる場所を細かく作ってあったと言う。

 起業家のホリエモンも7時間睡眠でいいと言う人である。

一般の人にも通勤時間を徹底的に無駄を省くことで睡眠時間を確保するのは可能であると言っています。

 仮眠の大切さ。

起きて活動している時間にいかに何にどれだけ使うかと言うことを把握すると、それは如何様にもなる。その使い方を改善することが大切。

まずは7時間上質睡眠を目指しましょう。

 ご訪問ありがとうございます😊

 unchantotaro blog 心が元気になるといいな🤗

 読者登録お願いします🤲

 

 

>