unchantotaro blog💫心が元気になるといいな🤗

🤗スポーツ栄養学、お仕事の向き合い方、心の向き合い方など楽しく発信してます🤗

バナナは万能食😊

バナナは手軽に片手で食べられ、栄養を取れる優れもの😉

クイックチャージ❗️👍朝食にバナナと🍌牛乳🥛とても相性がいいですね。

バナナは(沖縄税関) 金額12億円 輸入量 11473個 前年比4.9%増 2021年現在

1972年の復帰以降過去最高の数になりました。

 

バナナが注目された理由として

・バナナジュースブーム (専門店ができるほど)

・栄養価が高い割にはカロリーOFF

・コロナの巣ごもり需要で調理の必要がなく、手軽に食べられる。

・価格も手頃で消費拡大。(お財布にも優しい)

・3食の内⏩1食バナナもいい🍌🍌🍌

輸入・消費の多いバナナ🍌

1位 フィリピン 97.3% 日本から比較的近いアジア圏

2位 エクアドル 🇪🇨2.7% 味が濃厚で甘味が強い品種である

3位 島バナナ いつでも食べられ、大きさも手頃、おやつにいい

バナナは🍌朝のルーティーン

体内にセロトニンの分泌を促すにはまずは朝食からスタートですね。

そのため冒頭にも書きましたが、ビフィズス菌配合ヨーグルトや牛乳🥛シリアル🥣と一緒に栄養補給しましょう!朝食後はお日様を浴びてストレッチが効果的!

バナナは🍌糖質以外にもβカロテン、ビタミンB群ビタミンC、カリウム、食物繊維(ペクチン、オリゴ糖を多く含みます)と共に腸活にもいいです。マグネシウム(骨の健康、体温調節機能)あり。

腸内環境を整えますのでぜひ乳酸菌の活用を。。。

免疫力を高めて心のバランス(メンタル)の健康維持にも役立ちます。

『セロトニンを作る要素』

トリプトファン(必須アミノ酸の一種)はセロトニンという神経伝達物質を作られる。

夜になるとセロトニンを材料としてメラトニンが生成されます。

メラトニンは副交感神経に変換され入眠しやすくする。セロトニンの元となるトリプトファン

とその合成に必要なビタミンB6を両方含むのがバナナ🍌であります。

バナナ🍌1本あたり93kcal ビタミンB6は1食量取ることができます。

アスリートやスポーツをする人もタンパク質がエネルギーとなる筋肉や血液が作られるとき働くのでバナナでエネルギーチャージしている人も多いです。

 貧血予防に良いわけは???🍌

ヒリブデン鉄分の働きを強める『血のミネラル』。

鉄分はビタミンCと葉酸との相性が良いためです。

ダイエット食としても重宝されています。

糖質が多いと血糖値が急激に上がってインスリンが分泌される。

バナナには血糖値を上げにくい効果がある。低GI食品 47です。

糖は緩やかに吸収する働きがある。生活習慣病の予防になります。

 インスリンには糖を中性脂肪にして蓄える働きがある。

さあ、夏の果物を🍇🍊みていきましょう。

 

(南国フルーツ)

マンゴー、🥭ドラゴンフルーツ、シークワーサー、パイナップル、スイカ🍉・・・・

とこれらも栄養価も高く、水分補給や体調管理には欠かせない。

代表選手のマンゴー🥭

ビタミンC、葉酸、βカロテン豊富

βカロテンは抗酸化作用があるので美容(アンチエイジング)、美容にいい。

体内でβカロテンはビタミンAに変換されていって認知機能(記憶)紫外線に対する防御を向上。

パイナップル🍍🍍🍍

プロメライン、ミネラル分が豊富ですね♪♪

プロメライン(抗炎症作用のある酵素が含まれる)⏩炎症を争う作用が注目されています。

スイカの🍉🍉🍉🍉、

約92%水分(食べながらにして水分補給ができます)南国の食べ物

体の熱をさます、失われていく栄養分を補うその土地に適した食べ物です。

 

コロナの時期ということと贈答用の果物の価格がリーズナブルであることで手に入りやすい

地産地消しこの夏を快適に過ごしましょう!

 

ご訪問ありがとうございます😊

unchantotaro blog 心が元気になるといいな🤗

読者登録お願いします🤲

 

 

>>