unchantotaro blog💫心が元気になるといいな🤗

🤗スポーツ栄養学、お仕事の向き合い方、心の向き合い方など楽しく発信してます🤗

視点を変えて見る、コロコロ変わる人の真の意図とは

 

  •  

 

こんにちは😋

いつもunchantotaro blogを読んでくださってありがとうございます。

今回のテーマ『相手の言い分がコロコロ変わる。』です。

 

最近まで、上記の様にコロコロ言うことが変わる人というのは、気分屋なのか、相手の出方を見ているのか⁉️と思っていました。

 そんな視点でいると、知らず知らずのうちに相手のペースに巻き込まれて振り回されている自分がいるのにある時気づきました。

いつまでもいい顔をしていると、都合よく扱われてしまう。そんなこと以前はしばしばでした。

 

でも、俯瞰してじっくりそんな人たちを観察していると、新たなことが浮かび上がりました。

 

 それは、曖昧な表現をして場を凌いでいる事。

 言葉を曖昧にしていたらいくらでも後になって言い換えがきく・・・。

 良い言い方をすれば臨機応変だし、よくない捉え方をすればその時々でコロコロいう事が変わる人・・・・。

 都合のいい情報が入ってきたりするとどんどん取り入れて乗り換えていって

 話の展開がいつの間にか変わってる。それが時を置かずして・・・。となると

 そりゃ〜毎日おんなじ人とお喋りしても飽きないな〜と思う部分はあるが・・・。

 聞いていない人からすると

 何故、今まで『一緒にやろうね』とか『色々助けてね』のように言っていたのにさっき言ってた事と全くちがうんじゃない??

  

   同じ話でも流れが変わったり、変更が出たら軽くでも『話が前回話した内容とどのように変化したと話さないと・・・』話が変わる前に、話題に加わっていた人からすると話が見えない

ですね。。。

 

  取り方は様々だが、話が見えてない人からすると👦

 何故か孤立状態になってしまい、裏切りにあったみたいな・・・。

 その人からしたらそれが作戦❓?と感じたりしないでもない。。。

  

 俯瞰して考えると💭🧐こちらの解釈によるもので、べつに聞き流していいものだったりする。。。

 

 周囲の人が何か決めたいと思っている時にたまたま自分もその場にいた。それだけのこと。

 

   お仕事の現場での人間関係上で気をつけていく点は??

 以前に先方と契約書を交わしたから...😞

 聞いてないこと(理不尽なこと)を受け入れて契約をそれでも継続していくのは当たり前で、何を相手に言っても良いのではない🙅‍♀️です‼️

      あれっ??と気づいた時点で確認したり変更や小さな変化でも情報共有したり、

  急に変更余儀なくされた、話の流れが変わった。。。など起きても

 それぞれの意思を伝え合わないと、後々大きな食い違いにつながっていく。

  何でもその都度、その都度に行う。。。。

  しっかり話し合いをし、経過を大切にする。(それが信頼関係を構築することである)

 
 その相手と信頼関係を築く事‼️の大切さ

  悪気がなくても、条件のいい方のお仕事を受けたのなら、その影響で今までの(既存の)クライアントさんの仕事が疎かになったり度重なってスケジュールの迷惑を強い💪てしまわない様に考える必要もありますね。

 何といっても時間⏰というのは相手のあるものだから。(疎かに扱ってしまうのはよくない‼️)

 もしも時間がルーズで⏰相手に変更が立て続く。。。

 言うこともその場限りの言い逃れの取引先にいつまでもそのクライアントさんはお仕事を依頼するでしょうか??

 そしてその必要があるのか??

 なんかある度に言ってることが変わっても臨機応変に対応してくれる器の大きい人であっても😅😅

 いつしか、その方に厳しいことを言わざるを得ないのではないか???

  長い付き合いになったら、感覚が麻痺してしまいその相手のペースになってしまう場合だってあります。

 必要なことは???

 🌟その都度、その件にいついては話し合わないと(わたしが経験したことで言うと)

   相手の都合に合わせ続けるか、その時々に『以前自分はこの様に聞いてましたが・・

   変更箇所はありませんか?』などと話し合うか??

   仕事の場合、お金が絡んできます(お互い)良い加減な扱いをしてくる人を無理して許し続けてしまうとあなた自身が潰れることになります。

 

    それならよっぽど、取引相手が誠実な人にものを頼んだ方が安心ではないかと思うし

    早めに信頼関係が構築しやすいですね。

 

 (POINT) 

 ※最初から自分の気持ちを押し殺さない。嘘をつかないこと!!

 

スポーツ💃指導書をしていて、あるコミュニティークラスで見た一コマでわたしがそばで見ていて感じた事、エピソードです。

 🎾『〜したい❗️』と思うのも決めるのも最終的にはその本人の課題である。

エピソード)

 ①別のコミュニティ先を選んでいるところ、A社のスポーツクラブに入るとさっきまで言っていたのに、他の人の入れ知恵もあってコロッと言うことが変わって次に聞いた時(翌日には)

 B社のスポーツクラブに入会を決めていた。

②昨日まで、すごく穏やかな態度に感じたけど、翌日には逆捩を食わす様な事を言ってくる。

③以前と変更があったもの、修正しないのでアップデートされないまま誤解を受ける。

などなど、よく聞く話👂です。

☟エピソード❷

旅の計画をしていて✈️最初は一人で行こうと思っていた人がいます。

旅先の情報や『そっちに行ったらいろんな観光スポットに連れて行ってほしい』と少し前に言ってたのにいつの間にか・・・???どこからか

 友達を誘って🤝新たに話を進めて急によそよそしい態度をとり始めて

  その上、情報を聞き取られ終わった・・・。

  結局は台風で来れずそのまま・・・・・。

 

 そりゃ要領よく対応しますし人の(旅の)事だからいいんだけど一言言ってくれてもいいんじゃない??話の内容が変わったんならと思いますね・・・。

 

・ 海外在住の人に、1日くらいなら『観光スポット連れて行きますよ』と言ったら

 ドライブするんなら、友達も一緒だし家に泊めるんだったら海外だったら知らない人でも泊めるのが普通なのよ‼️

 しかも友達と来るなんて聞いてなかったし、この前まで1人で来るって言ってたやん。。。

   『  はっきり言ってください』?????と言われても・・・。

 なぜこちらは相手に不快な気持ちにさせまいと思い心を砕いた上に、自分の知らない人まで泊めないといけないの??🤷‍♀️

 うちしかもマンションだし、受験生勉強中だし・・・。とオンラインでのお付き合いでしたがすごく不信感まで湧きました。

 

 

 相手のいうことがコロコロ変わるからと、こちらが真っ向から相手になっていては、このように(以前の自分の様に)周囲の言葉に振り回されてしまいます。

相手のそのまま気を吸い込んでしまうとすごくしんどくなり、ある意味自分の感情が疎かになる場合もある。

 

 人はそれぞれ解釈の仕方が十人十色で当たり前😊いつもあなたに対して『うんうん^_^そうだよね😊』って言ってくれるわけでもないでしょう。

 たとえば、

 親切でこちらが💁‍♂️接し伝えているつもりでも相手にとっては気を使い過ぎないで‼️良いのに。

 て思う人もいると思うし、(親切の押し売り???と捉える人もいる)こちらの気持ちを重く捉えている場合のある。

 『ありがとう親切にしてくれて』と喜ぶ人もいる。

 解釈の仕方は様々で、感情の表現の仕方も千差万別である。

 臨機応変になってもいい部分もありますよね。。。

 
 上記の①から紐解いてみましょう❣️👀

①の内容ですが、こちらは心配して相手の事を真剣に相談に乗ったり話を聞いたりしていても、相手にとっては別にその場で自分の想い聞いてほしいだけで解決を求めてもいない‼️

愚痴や話を聞いてほしいの延長線上である。⏩⏩真っ向から受け止めたり、あまり長く続くと愛想が尽きたと相手は感じるもの。

 気をつけたい‼️

  コミュニティ先を選ぶ話だって、

 どこのスポーツクラブに行くって決めているわけではない‼️

 じゃあ近いうちにA社も見にいこうかなぁ?の程度だったかもしれない。

 相手も決めかねていたかもしれませんね。

 こちらが間に受けて真剣に向き合われても、『結論を急かされた‼️』となるだろうし

 🧑‍🏫 いつも話を親身になって聞いていた人のとっては

 『だってあんなにA社に行くって言ったたじゃん!!』と感情的になりますよ。

 

 でも、ここでこれは相手が決める事なんだからどうしようと決めるのは最終的には先方だ❗️

  相手の課題として切り離す。

   静観する(様子を見る)

 

🎾コロコロいうことが変わる人を前にしたら…⁉️

 気持ちの中で程よい距離の保ち方、バランスの取り方が必要です。(カプセルに入ってその場に居よう😊)

②相手は自分にも構ってほしい。相手にしてほしい愛情の裏返しと考えて、

 みんなの前で対応する。『以前に〇〇だと迷われていた件はどの様に進捗していますか』その後変化がなければこれから継続されますか?

 

 もし相手が言葉を放っているだけなら
(言いたいだけ)『了解です。』『わかりました😊』

相手はこちらが困る顔や困った表情を見て恥をかかそうとしている場合もあります。

 そんな人には冷静に客観的な付き合い方をしよう。

 

 ③相手にも余裕がないのかもしれません。

 しっかり情報共有できる様に、話せる雰囲気を持つこと。言いやすい環境が必要です、

 

言うことがコロコロ変わるということは、相手は別に1つに焦点を絞っているわけではないのかもしれません。

 決定しているわけではない。という取り方も出来るわけです。

(最後に)

 これが例えば(上記にも『信頼関係』書いてますように)

 ビジネスシーンで、こちらと時差のある国の人とのスケジュール🗓の調整をするに当たっても、予め組んでいたスケジュール🗓があったけれども

 先方は実際は行き当たりばったりで言うことがコロコロ変わるひとがいたとしましょう。

  

 その人がどんなに素晴らしいひとでも

 今後信頼を置くのが難しくなりますね。

 相手にも事情があったとしても、それが先方の都合でドタキャンや急な変更で、

となると振り回され続けるか、相手の意図を考えられる寛容さを持ち接して話し合うか...😓

 距離を取ることを選択する事に相なると思います。

 みなさんはいかがでしょうか?

 

 

  どんなに普段大らかで器の大きい人でも譲れない事もあると思う。

 変更が度重なったり言うことがコロコロ変わる人に頼み事をする。

 相手を信じ込みすぎると、ナァナァ(馴れ合いの関係)になってしてしまいますし…。

 

 その人の駆け引きな態度や意地悪だったり・・・。

 コロコロ言うことが変わる本質をいつまでも見抜けないで堂々巡りになります。

 相手の気持ちの隙にに入ってくる人ずるい人とそれを許してしまっていると

 

  自分の気持ちにダメージを🥴受けしんどい😓状況から立ち上がれずに長引いてしまう。

  だから、自分の意思で断ってもいいし、嫌なら嫌でいいと思う。

 

・ (自分の意識の変え方・視点のかえ方)について

 自分の意識の変え方、相手と自分の考えは違うものだとハッキリさせておく事も必要なのかと感じました。

 いつまでも同じ事で同じ人に引き摺られないよう、自分には対応が難しい場合は、まともに相手にならず、聴き流す。。距離をとる。目の前の事に集中する。

 いま、ここ☺️が大事ですから

コミュニティ内であれば他のメンバーさんもいらっしゃる訳ですから、気持ちの中での線引きはとても大切である。

 今回はとてもスポーツ指導現場での大きな気づきでもありました。

 まだまだわたしは未熟です。頑張ります。

 

 (まとめ)

人の価値観や物事に触れる時特に、

•一つの事を見ても人それぞれ、見え方、捉え方が違う事を知る。

•物事は多角形の様に色々な面がある。

 

相手の言うことがコロコロ変わっていっても

•時には、まっいっかあ〜と割り切る。

•相手の話の一部だけ聞いてわかったふりをしない。じっくり聞いて変化や意図も考えましょう。

・時には聞き流す。。

・客観的に見て言葉を置き換えてみる。

 

相手の方も一足飛びな思考の人で多いのは、先の見通しに不安を感じていて思考がまとまらない人もいる。

 対話をしているうちに気づきが出てくる。

 背景や意図が見え隠れする。意外な面にも目を向けてみる。

 程よい距離はとても大切。

 これは近くなればなる程、わからなくなります。

一旦立ち止まって客観視しましょう。 臨機応変になり聴く力の要領を得よう。

最後まで読んでくださりありがとうございます😊

ご訪問ありがとうございます😊

unchantotaro blog心が元気になるといいな💫🤗

読者登録お願いします🤲🤲🤲

Amazonの本を読もう📕

思考の枠を超える 自分の「思い込み」の外にある「アイデア」を見つける方法

 

器の大きい人は色々な経験から培うことが上手です。。

 

エコカラットセルフ一度体験しませんか?⤴️

 

秋の旅行は県民割⤴️