unchantotaro blog💫心が元気になるといいな🤗

🤗スポーツ栄養学、お仕事の向き合い方、心の向き合い方など楽しく発信してます🤗

販売側が値下げ競争を避ける策とは??

今回は商品を市場で販売する際に競争を避けるヒントの一部をシェアしたいと思います。

 商品を販売する際、値下げ競争は避けたいなと

販売する時に思っている方も少なくないなと感じます。

 値下げしてくれることは、もちろん消費者側にとっては買い物しやすくなる。少しでも同じような機能を持っているものなら、少しでも安い商品を選ぶ方も多いことにも頷けますね。

 

値下げ方法もある意味例外になるが・・・

期間限定セール🇩🇪

 期間や時間や場所を設定した値下げの方法。

(メリット)

・値下げしても価格を元に戻しやすい。

・期末に在庫を捌く必要があるなど経営上の目的などがある場合などの手法。

限定なし(無期限、長期的なセール)

多くの事業者が追従するので利益が出ない。

これでは常に値下げ競争をしてますよ!状態のため、一度値下げすると、常に価格を安価(コスト削減)に変動し続ける必要がある(悪循環に陥る)

これまでのコスト削減効果が得られなくて利益が薄くなる。

 

これらの悩ましい問題で競争を避ける方法

❶ニッチ戦略

・市場の隙間を狙って他の会社がやっていない異なる領域を見つけて商品サービスを提供していく。他の会社が参入してきたら参入してきた会社と違う特徴をよく際立たせる、

そんな差別化戦略に移行する。

❷差別化戦略

OEMの活用

化粧品を他の会社のブランド製品を受託する。

かつて化粧品はOEMを受けるのは珍しかった。

他の会社が参入し始めたら差別化するには???

例えば

10本単位のボトルからでも生産委託を受けるよというショウロッポ生産戦略で特徴を出す。

❸協調戦略

ライバルと思われえる先(会社)と手を組む。

車もOEMがよく走る昨今になりました。🚗

ゆえに販売台数も増え似た車が走っていますね。

車の場合技術提携し同じ形のものを各メーカーが出していくことで認知度が上がる。仕組み

 コンビニATM

多数の銀行が増えて手数料〇円(時間指定あり)にするなどし設置。

 文房具✂️✂️📏

オフィス向けのパンフレットにお客さんの利便性を優先し他社製品のものも掲載している

という事例がある。これによりお客さんの利便性も高まる。

自分の会社の利益、機会も拡大できますね。

(最後に)

競合から受託できるサービスも作るというのも避ける一つのヒントですね。