unchantotaro blog💫心が元気になるといいな☺️

🤗スポーツ栄養学、お仕事の向き合い方、心の向き合い方など楽しく発信してます🤗

マグネシウムの大切さ 😋スポーツ栄養学講座😊

みなさん、お元気ですか?

三陸方面では、この時期美味しいワカメも最盛期ですね!

 今回はミネラルの中のマグネシウムを掘り下げて考えてみましょう!

マグネシウム

マグネシウムは人が生きていく中で必要不可欠な栄養素。ミネラル成分の1つです。

食品として摂取したマグネシウムの吸収は主に小腸で行われて腎臓で排出されます。腸管での吸収はビタミンDによって促進されます。過剰なカルシウムやリンによって抑制されます。歯や骨🦴🦷の栄養が促進されますね。

日本人の食事が欧米化したことで従来日本の食文化で補えるべき栄養素が不足してしまっているという栄養素であります。

マグネシウムは体内で酵素を活性化させ、代謝をUPさせる働きがあります。

不足傾向に陥ると生活習慣病の引き金になり不整脈や動脈硬化症のリスクが上がります。

 

 外食や添加物の多いものを食べ過ぎてしまうと(続いてしまうと)、亜鉛やマグネシウムの栄養素が体からいち早く欠乏してしまいます。

 生活習慣が乱れてしまうと食事が不摂生になってしまうとメンタル面にも影響が出て

不安が大きくなったり、落ち込みやすい原因にもなります。

糖尿病、高血圧の生活習慣病のリスクにますます大きくなります。

 

ではどんなふうに改善できるか??

今回は食品を見ていきましょう。

・海藻類(わかめ、昆布、あおさ、もずく、ひじきなど)

・ビタミン豊富な緑の濃い野菜類(緑黄色野菜🫑など)

・魚介類、豆類(ナッツ類🥜含む)穀類などに多く含みます。

沖縄には多くの長寿食文化があります。

豚肉類の摂取率が国内でも上位!(ビタミンDも豊富)

マグネシウム(ミネラル分の多い)島豆腐、海藻類では青さに多く含まれています。

マグネシウムを含むミネラル分は切っても切り離せません。

🌟ミネラル分の多い食品の大切さの記事を下記に貼り付けますのでまた読んで見てくださいね。

 逆にマグネシウムを摂取しすぎることもよくありません!

マグネシウムは食事でとったら尿に排出されるので、食事内で過多になることは早々にないのですが、

腎機能の低下している場合は高マグネシウム血症が起こりやすくなります。

 血圧低下、吐き気、心電図異常が起きます。甲状腺ホルモン異常の方は海藻類など多く取り過ぎないこと!

 主治医の先生にご相談ください。

通常の食事以外にマグネシウムを多く撮りすぎると下痢の症状が続きます。

ミネラル分は適度に3食の食事の中でバランスよく摂ることが必要になります。

必須ミネラル

ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン

鉄、亜鉛、銅、マンガン、ヨウ素、セレン、クロム、モリブデンなど私たちの体を作るのに必要な栄養素はたくさんあります。

ビタミンやカルシウムだけ・・・と個別でなく栄養素はつながっているのです。

 どうしても食品では補えないものや体内で蓄積が難しいものはサプリメントの力を借りてもいいと思いますが、

特にマグネシウムは食品から摂取できますので、是非摂取し元気な心身を保ちましょう!

 

unchantotaro.hatenablog.com

unchantotaro.hatenablog.com

 ご訪問ありがとうございます😋

😊

https://www.unchantotaro.com 心が元気になるといいな HPでも配信中⤴️

 

読者登録お願いします。

スポーツ栄養講座、コラム、お仕事の向き合い方、脳科学観点、心理学などいろいろ学んで発信していますので読んでくださ〜い😍