unchantotaro blog💫心が元気になるといいな🤗

🤗スポーツ栄養学、お仕事の向き合い方、心の向き合い方など楽しく発信してます🤗

火星の堆積物から何か見つかったようだ!

NASAの宇宙生物学のプログラムにより資金提供されたロードアイランド大学の研究チームが

地球の海底の堆積物の中に生きている微生物が

水の放射線分解により発生する水素をエネルギー源にして生きているということを研究で明らかにした。

 その意味を紐解きながら、

海底と火星がどんな風に繋がっているのかヒントになることが研究で明らかになることがあるかもしれないですね。

深海の海底には海底堆積物にいろんな土壌に地上土壌にも匹敵する。豊かな微生物の生息圏が広がっているということ、深海の海底数kmに及ぶ

  地球規模全体で海底堆積物がある

この研究で明らかになったのは水の放射線分解ですが海底に溜まったものには放射性物質が含まれており自然崩壊すると放射線が発生する。

放射線が水に当たると分解すると水素が発生する

これをエネルギーにして地中(海中)の微生物が生きているんじゃないか⁉️

実際に堆積物の中の水素の発生割合の水とか海水に比べて30倍もの高い効率で水素が発生するということが深海で分かった。

 

 火星でもこの海底堆積物と同じ鉱物がいくつか見つかっている。👀

 条件さえ揃えば地球と同じプロセスで微生物の生息圏を支えることができているかもしれない。

 こんな風に海底と火星が繋がっているとヒントになる。光がないところでも

 そういうシステムが出来上がっているのだ。

 火星でも、海底堆積物からいろんなこと見つかって環境問題も地球上とのつながりを感じますね。これからの火星とのつながりは楽しみです。

 

ご訪問ありがとうございます😊

unchantotaro blog 心が元気になるといいな

unchantotaro.com 

スポーツインストラクター、コーチ業の傍ら(blog内でもスポーツ栄養学コラムも掲載しています)

自分の心への向き合い方、子育て、宇宙のお話、お仕事への向き合い方。などをblog発信しています。

40代の女性向けのライフシフトコーチングも行っています。

コメント(フィードバック)、HPからのご質問お問い合わせなどもお待ちしています。

読者登録お待ちしています。