unchantotaro taami blog💫心が元気になるといいな🤗

🤗スポーツ栄養学、お仕事の向き合い方、心の向き合い方など楽しく発信してます🤗

時として立ち止まって冷静に考える力とは?

現代、情報スピードの速い事〜めざましい。

その分目の前にある事もじっくり向き合い考える必要のある事も少なくはない。

 その意味合いも込めてじっくり向き合い考える必要が出ましたので記事にします。

 

今回のテーマ『勘違い、はやとちりが起こる原因と対処法』

まずは2つの言葉遣い例について考えてみましょう。

❶メール📩やLINEなどのメッセージ(アプリ)で文で送られてきた場合

その意味合いを受け取るかイメージしつつ考えてみましょう。

 ・『あなたのせいじゃない』

 A)あなたの責任ではないよ(慰め)

 B)あなたの責任じゃない‼️(遠まわしにあなたのせいだよ!と言っているようなもの。)

 

 ・良い宿がいっぱい🏨で困った😗・・・。

A )自分がいい宿だと思っていた場所が満室🈵であった。(予約できずに困り果てた。)

B)いい宿がたくさんありすぎて1つに絞れないで困った。。。➡️(♨️温泉場だからいい宿がたくさんありすぎて1つに絞れず決めかねている。)のニュアンス

 

言葉選びが曖昧になってしまうと伝える方と受け取る側が🫴意思疎通のずれが生じてしまうことが充分ありうる話であると感じる。

 📩メールでのやり取りであったりオンラインのやり取りになると、(特にメールであると📩)一方通行になりやすく誤解を生みやすい。

 こういう前提を理解した上で充分考慮しコミュニケーションをとっていくということも、立ち止まって冷静に考える💭ことも大切さにつながっている。

  これらは手紙でも言える。

  勘違い・誤解されない表現というのを対面での会話以上に気を使う部分である。

  これは人ととの心の距離が近づいた時に気をつけないといけないことであると思う。

   ややもすれば、相手に合わせすぎて自分の心を犠牲にし続けて神経をすり減らしてしまっているという事にもなりかねない。

    そのためにも、自分の気持ちを相手に伝えるにほどうしたら伝わるのかを考え、うまくコミュニケーションを図りたいものですね。

 

Amazonブック📚 

ご訪問ありがとうございます😊

Unchantotaro blog 心が元気になるとといいな🕵🏻

これからもお応援よろしくお願いします📣