unchantotaro blog💫心が元気になるといいな🤗

🤗スポーツ栄養学、お仕事の向き合い方、心の向き合い方など楽しく発信してます🤗

人の話を聞く力(傾聴力)が低下していないか???😉

ご機嫌さんです😉

みなさんは人の話をよく聞きますか?

ラジオをじっくり聞いて自分の中に落とし込んで、ラジオから聞こえてくる📻

質問にじっくり考えたり、参考にしたりすることってないですか?

わたしは近年、テレビや映像というより、『聴く力』というのに注目しております。

今回はある小学生のツイートを元にこの聞く力について👂考えたいと思います。

 

  時代が良くなっても、わたしは身につけることは可能だと感じます。

小学生の児童で🧒『ラジオが聴き取れない?!』という内容を紹介しました。

警視庁警備部災害対策課のツイート投稿より。

 

(ツイートの内容より)

ラジオを聴いたことがない小学生の娘と一緒に放送を聴いていました。

娘の感想は『何を言っているのか聴き取れない』とのこと。

視覚からの情報が多い現在、耳からの👂情報には多少慣れが必要なのでしょうか?

 ラジオの情報📻は災害時の重要な情報源。

家族でラジオにも耳を傾けるのも防災対策になる

 

 この文面から見てお分かりのようにここで指すのは、『耳から聞いたことを脳で理解する能力』のことである。

近年、(若年層の人達)彼らにとって音だけの世界、活字も映像のない世界というのは

実際、それを脳内で想像で補うのは努力以上の苦痛を伴う効果であるというのか・・・?

一種、生活環境の問題であると感じる部分が大きい。

 『(聴く)ということは慣れ』の問題も大きいであろうし若年層の聴覚情報離れも進んでいるのか?というと全部が全部そうではない。

 

(株式会社)オトナルと朝日新聞📰の共同取材より。

Pot castを月一回使用するユーザーは調査対象の14.4%、その半数を20〜30代が占めている

中では20代 27.7%と最も高い。

YouTubeに慣れてPot Cast やラジオに馴染みのない若者がいる一方で依然として聴く情報に

馴染んでいる人も一定数いる。(まさに活字のみや音のみだけの世界のように自身の頭の中で映像を想像し補う行為が(正直)無くなっている。

一つの現象をどこでどう切り取るかで見方も変わってくるかもしれませんね。

 学校現場🏫の授業中などで生徒と関わりながら感じること。

やはりラジオ📻のように、【直接聴く】ちからの衰えに繋がっているとは思えない。

 そもそも聴く力とはなんであるのか?

聞き取るというより聴いたものが音として入ってきたものがどんな風に自分の中で処理し想像して解釈するのか?そういう能力が課題になっている。

 背景として、頭の中で🧠映像を想像したりする行為が少なくなっている(こうした努力が伴うことがないのか??)

 こうしたことで決して自身で考えなくなったり、感受性が低くなっているいうわけでない。

❶聴いて理解する力が衰えていると(仮定する)ならどんなことが考えられ原因になっているのか?

聴く力が衰えているというよりも苦手になっている、苦手意識のある人もいるということではないか?(その表現の方が最も近いような気がする。)

TV📺や動画の場合テロップなどを用いて語られることが多い。

字幕というより一体化したビジュアルとして捉えているところがある。(特に若年層に多い。)

それで昨今話題になった、ファスト映画🎬圧縮型であらすじをそのまま視聴し(その見方に全て)慣れてしまう・・・。

そうすると情報を集約し次に進むというのが体感的に身についているところもあるのか⁉️

 言い換えると本編を消化するという無意識の変換があるのか・・・。(若者全員ではない‼️)

 🎬映画を楽しむというのもこれはこれでいい。

 しかし聴いて理解する力は生活環境の中での『慣れ』の領域である。

 

・視覚からの情報というのは脳も捉えやすいというのは事実であるが聴覚を用い、

人の話を傾聴し相手の言葉や感情に対して考え言葉を紡いでいく。

    これは人として生きていく中で一番必要なことである。😊

相手との対話をする環境は減ってきていると感じるなら、まず家族とのコミュニケーションや関わりの中で(若年層も)身につけ、家庭を足場にしどんどん社会へその文化が広がるようにしていくことも、私たち大人世代を含め🧑どの世代も必要である。

聴く力というのは、人との対話の習慣からできている部分もある。

 

❷時代と共にコンテンツ消費のあり方も大きく変化を遂げている⁉️

若年層の間でYouTubeなどの倍速視聴が広がっていて、私たちミドル層だってニュースや時事問題も(要点ついて)倍速試聴している🤓

その分、倍で聞いて理解する力が必要であるが、ある意味コンテンツの視聴スキルが上がっている面もある。

 最近の若者は・・・。と

かいつまんで視聴の仕方の衰えを強調されがちだが進化している面も往々にしてあるのかも・・・。

 以前近年若者は『漫画が読めなくなっている📖・・・。』というTOPICがあった。

今回のラジオの📻議論もそのTOPICに似ている。確かに漫画の視聴誘導やコマありという

独特なルールがあるので、うまく読めないという人もいると思うが、

だからというって漫画が衰退しているわけではない。

鬼滅の刃も呪術回生もスパイファミリーも・・。子どもも若年層も夢中になって読んでいる。

確かに漫画で学べることも多い。

時代ごとに小説がなくなる、漫画がなくなる、ラジオまで無くなっていくのか???ではない。

ところがどっこい、皆生き残っている。

もしかすると20〜30年後に(VR)メタバースが常識になった世界で『最近の若者はYouTubeの見方も知らないらしい・・・。』困ったもんだ。。。。

となっても(未来は)全然おかしくない❗️

 近年、電話って☎️ナニ??

対話・コミュニュケーションって何は?寂しいですね・・・。

大事なコミュニケーションツールだよ📞

聴く力や話すこともネガティブに捉えるだけでなく、新たに何かに長けていることが出てきたからこれまでの自分達の時にしていたやり方が通じなくなっているのかもしれません。

 

(最後に)

思いやり、気遣い、相手を慮るというのは相手がなかったらできないもの。

感受性を養ったり、相手へのそっとした気遣いをしたり気持ちを推し量るということは色んな

関わりから身につくもの。簡単には出来ることではない❗️

多くの本や人との関わりを持ち未来へ繋げて行ってほしい。

さまざまな技術が駆使できるようになってわかることも多くある。

 人の『心』も大切に💚

 そして聴く力を習慣化していきましょう。

 

(コメント参照📝)

大正大学 社会共生学部 コミュニティーラジオ📻専門 北郷教授より。

 

ご訪問ありがとうございます

unchantotaro blog 心が元気になるといいな🤗

読者登録お願いします🤲🤲🤲

facebook Unchantotaro Tami