unchantotaro blog💫心が元気になるといいな🤗

🤗スポーツ栄養学、お仕事の向き合い方、心の向き合い方など楽しく発信してます🤗

寒い時こそ潤いを😊

外は空っ風が吹いて、🌬乾燥の時期がやってきましたね。

お肌のかさつき気になりますよね〜☺️

 保水効果のある化粧品やボディーミルクなど乾燥対策をしっかり行っている人も多いのではないでしょうか??

 

 ところが・・・。

意外に見落としがちなのが身体全体の水分不足である。💦

これはからだのコンディショニングに関わってきます。

体外の水分量を大雑把に比較してみると

子ども(12歳くらい)は70%以上

大人(成人 20歳以上)60%

高齢になると55%~50%に減ってしまう事がわかりますね〜。

 (減ってしまう訳として)

・大人は尿や便を朝から1.8L以上も排泄されるため。

 同じ量を補う必要がある‼️

ですから、冬は夏の様に喉が渇かなくても意識をして水分補給をしましょう。(⏪オススメ!)

 できれば常温か人肌程度の温度の水分を補給が理想的である。

 なぜなら水分は、内部体温と同じ37℃前後で吸収されやすいため。

例えば)

冷たい水を💦🧊飲むと身体は(内部から)温めるためにエネルギーを使われていて

その疲れが出てしまうそうです。

 冷たい水を飲んだ時は、その後身体を温めるものを摂ったり(ジンジャーやハーブティー等でもいい。)食事でスープや味噌汁からも摂ることもできますね。

 ミネラルもしっかり摂れてオススメですよ😍

※パン🍞や肉中心に食べる人は水分量がどうしてもご飯に比べ🍚減りますので、どうしても飲料水での必要摂取が増えますので、食事の時気をつけましょうね。

更に取り入れた水分をたい何に留めておくタンパク質も大切である。

バランスよく食べて飲んでお肌も臓器も瑞々しい冬を過ごしましょう。

 

 お風呂🛀🛁で身体を温めたりするのもリラックスするのもいいですね。

 

(1日の必要な水分摂取量)を見ていきましょう🤗

必要水分量(ml/日)=年齢別必要量(ml)✖︎実測体重kg

水分蒸発量=体重(kg)✖︎15+200(体温ー36.8)

成人1日に必要とする水分量2.5L (厚生労働省)

必要水分は体重や年齢で異なる。

 例えば)

60歳で体重60kgの場合必要水分量1.8L

25歳で体重50kgの場合必要水分量2.0Lとなる。

 

コップ🫗1杯200〜250ml程度

1日に6〜8回に分けて時間差で飲み分ける(この時飲む時間を大まかに決めておく)

 

飲みすぎると『水中毒』を引き起こすので要注意‼️

水分が腎臓で処理された尿として排出されます。腎臓の能力以上の水を摂取してしまうと

ショルが老津がず体内の塩分濃度が薄まってしまい⏩『低ナトリウム血しょうになる』

(症状)

頭痛、嘔吐、むくみに加え重症になると、意識障害に繋がるので注意!

 運動を始め約30分前に250ml〜500ml、運動中は20〜30分ごとに200ml程度運動後には減った体重を補う量を摂取する。

よく聞く👂のが・・・・・。

ちょっとしか食べてないのに太る🫃は・・・???

身体が飢餓モードになっていますよ。。。

食べるべき時に食べないと、身体は守りの姿勢にはいり体温が冷えているので守ろうと脳に🧠司令を送ります。

そうすると余計に太ります。

 後からを冷やさないこと。。。

冬も暴飲暴食には気をつけて上手に水分補給しましょうね。

 

ご訪問ありがとうございます。

unchantotaro blog 心が元気になるといいな🤗

読者登録お願いします🤲🤲🤲

 

アサヒ飲料の商品がお買い得 12/26(月) 23:59迄

 

RMK Wトリートメントオイル (50ml/オイル) さらさら 美容オイル スキンケア (バリア機能/保湿) アルガンオイル (保湿) 配合

(オススメ保水液)⏬

 

 

 

 

関連記事⏬

 

unchantotaro.hatenablog.com

unchantotaro.hatenablog.com

冬の方が水分補給に注意が必要です⤴️読んでね