unchantotaro blog💫心が元気になるといいな🤗

🤗スポーツ栄養学、お仕事の向き合い方、心の向き合い方など楽しく発信してます🤗

新学習要項 gigaスクール構想とは??

2022年4月から

小中学校のみならず高等学校でも新学習要領が施行されている。

新学習要綱とも関係する文部科学省が推進している教育における

 『ICT』情報通信技術の活用、gigaスクール構想について記事にしたいと思います。

 

①gigaスクール構想とは

2019年から開始した全国の児童生徒に1人一台のコンピューターを配り💻コンピューターの高速インターネット環境を整備するという政策である。

 各学校児童に、端末を配るという手段に目が行きがちになっている。

本質的に学びということを学校に閉じない。(学校🏫のみで学習を終わらせない)

例えば)

自分でわからないことをネットで調べたり、パソコンがあったら💻プログラミングを持ち家を描いたりと色んな制作が💻にて簡単にできる。インターネットがあることによりいろんな人たちと共有することができる。端末があることにより学校のみならずいろんな環境に

(学習の場を作る)ことができる。

 

今までの(以前の)学校の価値観は先生がものを教えて生徒が理解するという構想であったが

それを転換していこう⏩⏩先生がインプットしていこうというよりは生徒が色々とアウトプットするものを補助していく。

そういうようなもの発想の転換というのがこの機会必要である。

 『学習の価値観は常に変化し進化していくものである』

そもそもgiga構想のgigaはグローバルアンドイノベーションケイタウェイフォーウオール

全ての自動、生徒にグローバルで革新的な扉を(開く)という意味が込められている。

 

②授業はどのように変化するのか?

授業支援クラウド・スクールタクトの仕組みついて

一般的な学校の授業はワークシートを配られて問題を解いていく。

解答後は、先生にワークシートを回収されて先生が答えについて解説して後日テンスがついて返却されるというパターンが多い。

 

それだと点数がついて返却されて終わりという一方通行になる。

以前やっていた『平成教育委員会』という番組ではパッとお互いの回答が瞬時に見合えるというのがあり『この人ってこんな考えがあるのだ😉』と分かり合える利点があった。

 

 意外に楽しく学びに繋がったりする。

その形式を今の小中学生の学びの方に何らかの形で繋げたいというコンセプトである。

クイズ番組、歯科医というのはファシリテーターでもある。

その答えの一覧を見て『君はどのように考えて答えを出したの?』などの質問を通して場を盛り上げていく。

 今後は先生の役割をどんどんそんなふうに変化できるといい。

海外では(目を向けていこう)

どんどん授業に生徒が参加する形式である。

自分の意見を口で伝える傾向が強い。(発言力)

日本🇯🇵は少しずつ変化しつつあるが一方通行になっているところがまだまだある。

③実際、スクールコンタクトを通して学習スタイルが変化しているのか、教員期間レポート・アンケート(教員への)によると・・・🤔

子どもたちにアウトプットさせるような授業スタイルに変わってきて増えてきているという回答が出てきている。

(授業形式)

・グループで話合う(ディスカッション形式)にする。
・体験的な学びや発表させる活動であったり・・・傾向が増えてきた。

 一方課題も出てきている。

1)活用という側面でいうと急にはじまった部分があり、本来なら4年かけて整備していこうという取り組みがコロナ禍により急ピッチで1年で整備するということになり環境の整備が追いついていない。

ネットのスピードの速さが遅い学校がまだまだある。

教員のコンピュータースキルや具体的にこんなふうに利用しようという具体的な活動事例が少ない中での活用が課題になる。

 

2)コンピューター💻を扱う倫理面の整備がまだ追いつかず今後の課題になっている。どちらかというと利活用が先に進んでしまっている。

具体例は)

保護者なりこどもが『僕はパソコンで💻勉強したくない』と1人が言ったらクラスの学びというのはどうするんだろう??という整備が滞っている。

 

例えば)

端末を使うとログ(記録)が残る。『ドリルで何点取った。』そう言ったものも誰がどこまで

活用していいのか?という整備が遅れている面(発展途中であるがいずれ西いろ急kな取り組みになったが良い方向へ向かっている)

④gigaスクール構想、I CTの環境が進むことで学びの場がどう変化するのであろうか?

大きくは受動的な学びから主体的な学びにしていくという事。

知識というものが勝手に教科書や先生から振ってきてそれを覚えるという。

 学びから後、興味関心で突き動かされて学びにしていく。

いかに学校🏫という場を使ってやることが変化への一歩になるといい。

折角、同じ空間に生徒が集まっているのだから一方通行の学びというよりお互いに刺激し合える学びというのが良い。

 前述のクイズ番組の例えだと、はい👏一斉に解答を出しましょうというのは授業の中ではある意味刺激になる。

他の人の答えも一気に見られるし皆同じ答えでなくてもいいという事も学べる。

 

 皆の中で1人答えが違っても自分一人が正解だという事もあるし、その答えになった理由もあって良いのだ😊

個性が育まれますね。

喜びを感じたり他にゲーム性があったりする。

 学校は授業だから良い部分を授業に落とし込めたら良い☺️ですね。

 

 

 

学びを有効に⇩⬇️ 関連書籍📚📖

 

iPadで学びを広げよう。

自分の言葉で発言し、楽しくロジカルに学びを広げましょう。

この世代のiPadは自宅学習用で使っていましたがすごく使いやすく、キーボードも相性がいい。

よかったら覗いてね

Ewin 日本語配列 bluetooth キーボード マルチペアリング ワイヤレス キーボード アイパッド タブレット用キーボード ブルートゥース かな入力 ipad ダブレット スマホ ノートPC パソコン mac android ios windows対応 スタンド付き 在宅勤務 テレワーク (ホワイト)

純度の濃い学びを。

 

ご訪問ありがとうございます

unchantotaro blog心が元気になると良いな💫🤗

読者登録お願いします。

いつも応援ありがとうございます📣